タマリンドビーチ (コスタリカ)


タマリンド校は美しいコスタリカの熱帯雨林に囲まれ、またビーチから歩いて数分のところに位置しています。コスタリカでも有数の美しいビーチを満喫しながらスペイン語を勉強してみませんか。タマリンドは太平洋岸の小さな町で、リベリア空港からそう遠くないところに位置しています。コスタリカの豊かな自然を散策したり、サーフィンを楽しんだり、アウトドアでの冒険を楽しみながらスペイン語を学んでいただけます。

タマリンドの歴史

自然のままの白い砂浜、クリスタルブルーの海と素晴らしい自然に囲まれ、天候にも恵まれたタマリンドは、コスタリカの中でも人気のリゾート地の1つです。北太平洋岸グアナカステ地方の古い漁村であったタマリンドは、今では地域で最も発展した観光地となっています。

現在のタマリンド

タマリンドのビーチは本当に美しく、町全体はのんびりした雰囲気で、どなたでも楽しく過ごせることでしょう。このビーチはサーフィンやウィンドサーフィンをするには最高のコンディションで、初心者の方から楽しめます。タマリンドはコスタリカの北太平洋岸でも人気のあるビーチで、サーフィンのほかにも日光浴、シュノーケリング、スキューバダイビング、ヨット、カヤック、ジェットスキー、ボディボード、乗馬などが楽しめます。毎夏海ガメが産卵にやってくるラス・バウラス国立公園などを訪れることもできます。

長く続く白い砂浜と青い海は、年間を通して海ガメの観察に訪れる人や自然愛好家を魅了しています。観光地でありながら町はコスタリカ独自の雰囲気を失っていません。地元の漁師や農民は今も昔ながらの伝統的なやり方で仕事をし、暮らしています。

タマリンドではレストラン、カフェ、バー、ディスコ、カジノ、コンサートなどナイトライフも充実しています。日差しの下で楽しんだ長い1日の後は、現地の人とともにゆったりと楽しむことができるでしょう。